ウーマン

脂肪吸引でお腹の贅肉を無くそう|コンプレックスを解消

治療の特徴と副作用

女医

薬のタイプ

中年女性のつらい症状に更年期障害があります。更年期(45才〜55才)になって体調や精神に不調を感じたら、迷わず更年期障害対策をすることをお勧めします。病院に行って出来るのがホルモン補充療法です。ホルモン補充療法は女性ホルモンを薬で補う治療です。治療には健康保険が適用されるので、経済的な負担が少なくなります。ホルモン補充療法で使うホルモン剤のタイプには、経口薬、座薬、湿布、スプレー、ジェルなどがあります。経口薬は一番効き目が強いですが、胃腸が弱い人だと負担になる場合があります。湿布やスプレーなどは経口薬よりも負担が少なく、皮膚からホルモンを補えます。病院では、自分の健康状態に合ったタイプの薬を出してもらえます。

治療で出やすい副作用

ホルモン補充療法を受けるときに知っておくべきなのが、治療後に副作用が生じることもある、という点です。副作用として多い症状の一つに、不正出血があります。これは、ホルモンを補充したことによって一時的にホルモンバランスが乱れることで起こります。副作用といっても重大な症状ではなく、ほとんどの人が治療になれると収まります。その他に頭痛や吐き気、おりものの増加などの症状が出る場合があります。ただこれらの症状は、どれも命にかかわるようなものはなく、医師と相談しながら治療をすれば抑えられます。日本では最近まで、あまりホルモン補充療法が普及していませんでした。しかし、今ではスタンダードな更年期障害治療として、ホルモン補充療法が定着してきています。